ご挨拶

玉野ライオンズクラブ 第66代会長
吉田信哉(NOBUYA YOSHIDA)

会長スローガン 『 地域と人々の未来のために ‼ We Serve 』

この度、玉野ライオンズクラブ第66代会長として、就任させていただくこととなりました。
2021年度、創立65周年を迎えさせていただいた当クラブも、他のクラブと違わず、現在まで、その長い歴史の中で、会員一人一人が、世界で最も大きな奉仕団体、最も活動の成果を上げている組織の一員であることに誇りと自覚を持ち、地域の人々と未来のために奉仕活動を行ってまいりました。
しかし、長く続く組織のどこもが経験する活動のマンネリ化や時代の変化により、会員の減少、組織の弱体化が起こっていることも現実です。
そこで、今年度は組織の再編成、会員の拡大、継続事業の見直し、新規事業の開拓、4年後に迎える創立70周年へ向けての長期計画(SDGs)の策定を行い、その一年目としてジェンダー問題に取り組みたいと考えています。
30数名の会員と共に力を合わせ、地域社会に必要な団体としての使命を果たし、コロナ禍の中ですが、創意工夫し、様々なアクティビティーを実践運動として展開してまいります。
ご指導ご鞭撻のほど、宜しくお願い申し上げます。

 

概要

<ライオンズクラブとは>
ライオンズクラブは200以上の国と領域 48,482クラブ 1,354,427人(国際本部集計2020年6月30日現在)からなる、世界で最も大きな奉仕団体、最も活動の成果を上げている奉仕団体です。
1917年メルビン・ジョーンズの呼びかけによってアメリカ合衆国各地からシカゴ市に約20名の代表者が集まり創始されました。ライオンズの名称はライオンにちなんでつけられ、ライオンズクラブの紋章にも2頭のライオンの頭部が、「法(Law)・自由(Liberty)・労働(Labor)・忠誠(Loyalty)・愛(Love)・生命(Live)・ライオン(Lion)」を表すLの文字の左右に配置されています。2頭のライオンはそれぞれ過去の歴史と未来の運動を見つめているとされ、無償の行為があらゆる方向に向かって進むことを意味しています。
モットーを"We Serve"「われわれは奉仕する」とし、個人の力ではなく集団の力で、経済力のみならず知恵と労力をもって奉仕するというライオンズクラブの特徴をもとに、アクティビティーという実践運動を展開し、環境・文化・青少年育成・献血・献眼・骨髄移植推進・薬物乱用防止・高齢者福祉・貧困問題等様々な取り組みを行っています。
皆様がライオンズライフに入会し、自身の人生が変わるような感動と充実感を実感されますことを心より願っています。
私たちと共に活動いたしましょう‼

クラブ概要
クラブ結成
年月日
1956年3月31日
スポンサークラブ 岡山ライオンズクラブ
事務局住所
所在地
〒706-0002
岡山県玉野市築港2-1-11 202号
連絡先 TEL:0863-31-4573
FAX:0863-32-1888
例会日 第1例会:第1火曜日12時15分〜13時30分
第2例会:第3火曜日12時15分〜13時30分
例会会場 第1例会 ダイヤモンド瀬戸内マリンホテル
第2例会 ダイヤモンド瀬戸内マリンホテル
主な重点事業 青少年健全育成事業
地域奉仕事業
委員会 委員会の構成表はこちら
事業活動の詳細はこちら
2021年度 理事・役員
会   長 吉田 信哉
前会長 太田 泰弘
第1副会長
第2副会長
藤原 恭介
住吉 孝文
幹   事 住吉 孝文
会   計 山上 仁司
L  T 槇枝 順子
T  T 鈴木 茂和
委員長 相賀 理史、大月 博光、沖 真吾、三宅 祥司、三宅 俊良、鈴木 茂和
地区役員 住吉 孝文
監   査 三宅 章、三宅 宅三
クラブLCIF 槇枝 順子
 

TOPICS

TOPICS一覧

お問い合わせ

ページトップへ